FC2ブログ

Broom'sBAR

トラベルミン

12人の怒れる男

旧作のリメイクらしいけど、前作は観ていません。
おすぎの推薦文を見て先入観無しに観に行った映画です。
12人の陪審員が少年の運命を変えるという物語。

いちばん最初の票決で、1:11で終身刑支持が多数を占める。
ただ単に早く終わらせたいがために.......。

しかし、1人の単なる思いつきの“反対”から物語が始まります。

最初と最後の比喩を楽しめます。
(ちょっとこの場面の文章表現は難しいですが。)

よくニュースで「チェチェン」の内戦を流していましたが、
映像で悲惨さが倍増します。

急成長民主化のロシアを監督は非難しているようです。
日本のバブル期の「地上げ屋」を再現しているみたいです。
その犠牲者が「少年」であり、陪審員の「12人の男達」です。
男達は、自分の人生を照らし合わせて、もがき苦しみ
徐々に考え方が変わっていきます。

日本も裁判員制度が来年より始まります。
確立は1/4000です。
決して低い数字ではないとおもいます。

人の生死を決めなくてはなりません。


car003.jpg
                     RENAULT

今日のアルバム
Beacon Theatre
Beacon Theatre
Sting
Message in a Bottle

福田さん、おつ~!
でも、中途リアルに............

裏で操っているねぇ......誰だか........
スポンサーサイト



  1. 2008/09/02(火) 00:01:02|
  2. 映画
  3. | コメント:8

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

Broom'sBAR 支店

Author:Broom'sBAR 支店
ノントリミング主義です。
変な著作権にはこだわっておりません。
お持ち帰り自由です。

***お約束***
タイトルには、書き込み者の
お名前をお願いします。

BlogPet


最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード